FC2ブログ
2020-06-10 22:00 | カテゴリ:サトイモ
春先に気温が上がりきらずに心配していたトンネル石川早生さといも

20200608_173259.jpg

例年よりちょっと背が低いですが、元気に育っています!

20200608_174752.jpg


晩生品種のセレベス(赤芽)のトンネル栽培は、石川早生よりも葉っぱが青々としています。

20200608_175323.jpg

20200608_175310.jpg

わー。

おおきい葉っぱ


20200608_175338.jpg

茎も太い!

20200608_181234.jpg

緑の葉っぱは、元気のしるし ですが

サトイモの、肝心な の部分は、葉っぱの大きさよりも、葉数が目安だったりします


子芋ができだすのはどんなに葉っぱが大きかろうが、背が高かろうが、本葉が7枚~8枚の頃。

と聞きました。


でも、生育途中にある程度葉っぱが大きいのもいいこと


植物(野菜)は、土からだけでなく、日光からも栄養を摂るのである程度はその面積が大きいほうがいいのです!(ツルボケを除く。


雨や曇りで、太陽の少ない時期ではありますが、『サトイモは水で太る』 とも言います。


もう何が正解なのかさっぱりですが(笑)

とりあえず 大地に感謝 しながら今後のサトイモの成長を楽しみにしています



P.S.

今年の(も)露地マルチ栽培には雑草もべったり…

20200609_095832.jpg

こうなってくると、せっかくの土や日光の栄養分を雑草に持っていかれちゃうのでもったいない…

雑草の防除は大変だけど、大事ですね!

20200609_095902.jpg



↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング





スポンサーサイト



【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://jjtoyo.blog.fc2.com/tb.php/617-f8e65776