FC2ブログ
2017-01-09 23:10 | カテゴリ:自然薯
年が変わっても自然薯収穫はしばらく続きます。

パイプやシートを使って栽培しているので、植えるのは大変でも、掘るのは簡単。

20170109_133014.jpg

通常、スコップ を使って掘っていくのですが、私クラスになると、手だけでボコボコ掘ります。(笑)

今日は1時間で約130本掘りあげました!

20170109_133252.jpg


天然の自然薯だと、物によっては1本掘るだけで何時間もかかったりするので、シートによる自然薯栽培を考えた人はすごいですね。


おいしい野菜を、安定して栽培するための 『技』 を開拓して磨いていく。

それが農業という仕事なんだな。

と、つくづく思います。


たまには私もカッコイイことを言います。

いつも一言多いですが。(笑)



さて、

肝心の自然薯の出来栄えですが…

大きさは申し分ないのですが、今年は何本にも分岐した芋が非常に多い!

20161216_114159.jpg

20161216_121429.jpg

まっすぐ、きれいな1本物を育てるためのパイプ栽培なのですが、これはどうしたことか…。

栽培を始めて5年になりますが、こんなにも変形芋が多いのは初めての経験です。


自分で調べたり、自然薯栽培の大先輩に聞いてみたりしてわかったのですが、どうやら一番の原因は 『水』 のようです。

畑の水はけが悪いと、長雨等で水分が抜けきらず、そこで分岐したり曲がったり、ひどいと腐ってしまうようです。


今回の私の自然薯は、ほとんど同じ場所から分岐が始まっています。

恐らく、秋の長雨時にこの位置に水が溜まってしまったのではないかと思います。


幸い、腐ってはおらず、味も粘りも異常はないので、今年も商品として無事に出荷することができましたが、分岐芋を減らすことが今後の大きな課題になります。


いつか自然薯の匠と呼ばれるその日まで。

私の勉強は続きます。




↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)






スポンサーサイト



【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(6) | トラックバック(0)