FC2ブログ
2014-09-08 22:01 | カテゴリ:大根
8/28日に播種した大根の畑が、雨に打たれたり乾燥したりで、土が硬くなってきました。

こんなときに行う作業が、【中耕】です。

中耕作業とは、作物の横を浅く耕して、株元の土に空気を送り込むとともに、地面を柔らかくすることで、成長を促進させる作業です。

使用する機械は、『カルチベーター』というもの。

トラクターに取付けたり、管理機に取り付けたりして畝の横を耕していきます。(^^)

うちのカルチベーターは…↓↓↓

DSCN2110.jpg

いつの時代のものかわかりません。(笑)

DSCN2106.jpg

ウソだろ まだこんなの使ってるの 能率悪いよ。

と、思われる方もいらっしゃると思いますが、現役で使ってます。(笑)

管理機に取り付けるやつも持ってはいるのですが、父と母の

「こっちの方が早い!」

という一言で使ってます。(笑)

コレで、硬くなった大根の畝の横を中耕していきます。

DSCN2107.jpg

DSCN2112.jpg

…確かに早いかもしれないけど、持久力が必要です。

「こっちの方が早い!」

…と言っていた、母も

「…若いころは、絶対あんたより早かった…」

と、ふぅふぅ言っています。

この畑だけでも、約100mの畝が40列ほどあるので、2人で作業しても1人2キロは歩くのです…。

2人で、ふぅふぅ言っていると、自分のところの農作業を終えたDON君が通りかかり、母とバトンタッチ。

よーし!行くぜー!野郎ども~!

DSCN2113.jpg

俺に続け~!(笑)

DSCN2115.jpg

それ、ブンブン~♪

DSCN2117.jpg

いや~。(笑)

なんか楽しかったし、いい写真も撮れました。

おかげで作業も早く済んだし、DON君に感謝です。

DSCN2119.jpg





↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





スポンサーサイト



【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(2) | トラックバック(0)