FC2ブログ
2020-04-08 22:41 | カテゴリ:タラの芽
タラの芽採り~

20200408_171934.jpg

今年は山のものよりも少し遅れて、私の畑のは今が食べごろ。

20200408_171052.jpg

でも、畑での栽培はこれで終わりにする決心がつきました

年に数回の草刈りを行うだけで、あとはそんなに手間はかからない。

と聞いて、

おっ。いいねぇ~。

と、うまい話にぱっくり喰らいつき、600株だか800株だか植えました


そんなうまい話はないですねぇ。(笑)


まず、その草刈りが大変。

まぁ、雑草対策だけであれば頑張ればなんとかなりそうだったんですが、

私の場合被害が大きかったのは テッポウムシ


テッポウムシ というのは、カミキリムシ の幼虫の事です。


こんな感じのやつ
1710679.png

こいつの幼虫が木の中で生活して、芯を食い散らかし、その木は枯れてしまいます…

木には鉄砲で撃たれたような穴が開くので、 (糞を外に出す穴) 頻繁に見回れば早期発見できます。

20200408_171535.jpg

20200408_171450.jpg

ただ、『テッポウムシ』 が多ければ、とてもじゃないけど栽培は簡単ではないですね


特に農薬もないので、駆除に手間がかかります。


タラの芽の場合、根っこのほうまで食われなければ株元から新しい芽が出てくるのですが

20200408_171401.jpg


まぁ、それでも同じことの繰り返し。

自分で食べるくらいならいいけれど、商品にするにはやっぱり手をかけて愛情たっぷりに育てないとダメですね


反省。



そんなわけで、私のタラの芽栽培の挑戦は今年で幕を閉じます。

この畑は一度さら地に戻して、なにか別の野菜を育てよう。

趣味として、隅っこのほうにちょっとだけタラの芽を移植しますかね。


私のタラの芽栽培は失敗に終わり、少し心がほろ苦いですが、タラの芽はほろ苦いくらいがウマい。

20200408_210428.jpg

脇芽もまだ収穫できるので、もうしばらくタラの芽のてんぷらを楽しみます。



↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング


スポンサーサイト



【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2019-03-12 20:04 | カテゴリ:タラの芽
枯れ木の集合体のような、私の タラの芽畑

20190312_094105_20190312193444460.jpg

生きているのか死んでいるのか…。


だいじょうぶ!

まだ、しっかり生きてます!

20190312_094140.jpg


鉛筆程度の根っこを植えて早や5年…。

DSCN1060222.jpg

植えた当初は、

山菜だから、ほっといても立派に育つんじゃねーかなー

1本の木から、1000円売り上げれば、数十万になるなー。

とか考えたり。



あまかった。(笑)

やっぱり、ちゃんと管理して育てないとだめですね。

タラの芽にしても、自然薯にしても、その他の山菜でも、自然の中では立派に育つのに、ひとたび人間が手を加えちゃうと管理が難しくなる。


まぁ、それをしっかりやるのが農家の仕事なので、あきらめないで頑張ってみましょー。

枯れ木のような私のタラの木ですが、あと一か月ほどすれば、今年も美味しいタラの芽が収穫できると思います!


天ぷら、美味そう。

いつ芽が出てもいいように、今からビールを準備しておこうと思います。




P.S.

タラの木の根元に フキ を移植してみました。

20190312_092814.jpg

また来年1~2月にはフキノトウも出てくるかなー。

タラの木同様、気長に、の~んびり育てます。





↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング
【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-04-12 19:44 | カテゴリ:タラの芽
山豐農園の が満開を迎えました

1491959088332.jpg

1491986696225.jpg

満開といっても、この枝のみ!(笑)

木全体を見ると、どこに花が咲いているのかもわかりません。( ´∀` )

20170412_100825.jpg

定植2年目にして花が咲いただけでもいいか。

暖かくなってまた大きく成長してくれると思うので、今年は素人ながらにちゃんと枝を矯正してキレイな形に仕上げていきたいと考えています。

あと、この伸び放題の枝を何とかしたい…。

よく、桜切るバカ、梅切らぬバカ。 と言いますが、桜の木も、ちゃんとした時期にちゃんとした手順で選定してやればダメージが少なくて済むようです。

ちゃんとした時期。というのは、桜が休眠中の11月くらいがいいらしく、現段階では手遅れ。

11月までにある程度形を作って、今年は選定にもチャレンジしてみます。


さて、無事に桜の花が咲いたころ、私のタラの芽ちゃん達も食べごろを迎えています。

20170408_074215.jpg

20170411_065823.jpg

木が小さいので、ホントに少量ずつしか収穫できませんが、毎朝早起きをして、タラの芽収穫を楽しんでいます。(笑)

20170408_080738.jpg

1日数パックですが、旬の食材ということもあって道の駅ではよく売れますね~。

同じくタラの芽を出荷している農家さんが、「木が大きくなれば、毎日卸売市場に出荷できるほど採れる。」 と言ってくれたので、あきらめずに木を大きく育てて収量アップを目指します!(`・ω・´)9


タラの芽の食べごろから少し遅れて、畑の隅っこに植えてある 『こごみ』 も食べごろを迎えます。

1491955531164.jpg

この山菜も、天ぷらにするとすっごく美味しいんですよ~。

最初に植えてから、ほったらかしていたのですが…

今ではランナー(地下茎)が伸びて、新たな株が生まれています。

20170412_090620.jpg

1491955378665.jpg

今はタラの芽畑とは別の場所に植えてあるのですが、こいつらも早いとこ植え替えて、ちゃんと管理していかなきゃ…。

来年の春は、山豐農園山菜祭り(極小規模)から、山菜祭り(小規模)までには進化させてみせます!



↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)






【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-04-06 18:55 | カテゴリ:タラの芽
昨年、初めての畑購入記念として植樹した 『 枝垂れ桜 』

20160219_1737222.jpg

過去ブログ   【記念樹定植!】

約1年が経過した現在のお姿がこちら。

20170406_170644.jpg

身長が、約2倍ほど伸びて、枝が縦横無尽ににょきにょき伸びました。

今年も花は咲かないままかな~。

と、思っていたのですが、よくよく見るとかわいい蕾らしきものが

20170406_170717.jpg

今のところ、蕾がついているのはこの枝のみですが、他の枝にも今からつき始めるのかな

それとも今年はこの枝のみか。

どうなるのかわかりませんが、開花が楽しみです。



と…。

ここであることに気付きます。

桜が咲くということは、そろそろアレ も食べごろかもしれない!

春の山菜『タラの芽』です!

早速、私のタラの芽畑にやってきました。

20170406_173732.jpg

ちょっと殺風景で寂しいですが…。


ちょうど、タラの芽が動き出した感じ。

が、品種 『 新駒 』

20170406_173900.jpg


は、 『 蔵王 』

20170406_173936.jpg

食べごろになるまで何とも言えませんが、現段階では、蔵王のほうが プリッ としていておいしそうな感じですね~。

明日、明後日には初収穫できるかな~。

なんて考えながら歩いていたら…。


あららららら!

20170406_173956.jpg

開ききってるやつもおるやん!!

数本ですが、食べごろを過ぎてしまったやつが存在していました!

20170406_174242.jpg

まぁ、こいつらは私の晩酌のおつまみに…。

タラの芽はすぐ成長するので目が離せませんね~。芽だけに。

…。

はい。

ということで、タラの芽の収穫が近いうちに始まりそうです。

まだ木も小さいので、収量はあまり期待できませんが、初めての出荷、楽しみです。

また、ブログで報告していくのでお楽しみに。





↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2017-02-24 19:05 | カテゴリ:タラの芽
少しずつ暖かくなり、だんだんと春の気配を感じます。

当農園の野菜は夏から冬にかけての収穫がほとんどで、春は植え付けや管理作業がメイン。


忙しい冬の収穫時期にあまり手がかからず、春に何か収穫できるものがあればなぁ~。


そんな感じで始めたのが 『タラの芽』 の路地栽培。

20170224_123802.jpg

鉛筆ほどの根っこから育てて、植え替え、植え替え、今年で4年目でしょうか…。

育苗しただけで、まだ一度も出荷していません。

おそらく4月初旬には芽が動き出すので、今年こそは収穫、初出荷できるのではないでしょうか!

20170224_123748.jpg

スーパーでは、早くも山形県産のハウス栽培(ふかし栽培)のタラの芽が販売されている模様。

早いですね~。

山菜の王様と言われるだけあって、値段も高価です。

私も、初めは ふかし栽培 にチャレンジしたのですが、管理に手間がかかり他の農作業が追い付かなくなるので、現在は露地栽培に切り替えました。


過去ブログ 『ふかし栽培チャレンジ』


露地栽培だと温度管理ができないので早く出荷することはできませんが、年数をかけて木を大きく育てていけば、きっとそれなりの収量が採れる日が来るでしょう。

気長に頑張ります。



さて、タラの芽とは別に、まだ私が植えていた山菜が別の畑に…。

 フキノトウ です!

20170224_160637.jpg

こちらは、完全なる放任栽培…。

植えただけでほったらかしなんですが、だいぶ株数も増えました。

20170224_160651.jpg

ブログを読み返してみると、このフキノトウを植え変えたのが2015年なので、約2年間放置プレイです。


過去ブログ 『フキ、株分け』

ほったらかしていたけど、かわいい私のフキノトウたち。(笑)

20170224_160703.jpg


何とか今年は掘り返して、タラの木の植えてある山菜畑に引っ越しさせてあげたいのですが、どうかな~…。

今年も放任になってしまいそうな気配を漂わせながら、別の農作業に勤しんでいます…。


結構大変なフキの植え替え作業になりそうなのですが、とりあえずそれは置いといて…。

何を考えたのか、本日園主(私)がまた新たに山菜の株を買ってきました。


それがこちら!

20170224_132353.jpg

これまたおいしい山菜、うど ですね。

前々から欲しかったのですが、資材を買いにホームセンターに出かけたところたまたま見かけてすぐに購入しました!

そのまま畑に植えてもいいのですが、とりあえず芽が出るまで育苗してみましょう。


説明書きに、『芽を上にして植える。』 と書いてあるのですが、どれが芽かな

たぶん、これかな~。

20170224_164747.jpg

ポットで育苗しようと思ったけれど、手持ちのポットじゃ少し窮屈そう…。

20170224_164806.jpg

昔、私が自然薯の育苗用に使っていたプラ箱で育苗することにしました。

20170224_165347.jpg

20170224_165502.jpg

いつ頃芽が出るのかな~。

5月くらいかな

無事に芽が出たら山菜畑に植え替えたいと思います。


現在、山豐農園の山菜 (一般野菜を除く) で主作物として軌道に乗っているのは自然薯のみ…。

タラの芽も、ふきのとうも、うども、自然薯に続く山豐農園の作物として日の目を見れるようになんとか栽培を続けていきます!

楽しむことも忘れずに。

忘れてはいけない、山豐農園 の 山菜 なのです。




↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)







【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)