fc2ブログ
2023-08-30 15:06 | カテゴリ:自然薯
こんにちは!

私たちは 鹿児島県曽於市 財部町 (たからべちょう) で自然薯栽培に取り組む

『たからべ自然薯同友会』 です!

自然薯同友会


私たちが農業を営む 鹿児島県曽於市 は 大隅半島の北部に位置し、美しい自然に囲まれた 畜産や畑作の盛んな地域です

DSCN20391.jpg


農業に恵まれた環境の中、同年代の新規農家、2代目、3代目農家が偶然にも
『自然薯栽培』 を通じてめぐり合い、土づくりや管理方法を仲間同士共有し、切磋琢磨し、天然じねんじょ とも渡り合える自然薯づくりを目指して日々研究をしています


20230816_141826.jpg


20230816_141622.jpg

そもそも ジネンジョ とはヤマノイモの一種で、数少ない日本原産の野菜 (山菜) です

他のヤマイモ類と比べ、粘り、風味が非常に強く、美味。


もともと 日本の山に自生していた自然薯

畑での栽培が行われるようになったのもそう古くはありません

栽培データの少ないなか、良質の自然薯を育てるための適した土づくりや栽培方法を考えるのも私たち農家の仕事です

Screenshot_20230830_160033_Video Player

専業農家だからわかる

『この野菜はこうだけど、自然薯ではどうかな?』


といった疑問や考察を年々繰り返し、実行し 現在に至ります

失敗も繰り返してきましたが、それが経験となり、翌年もっといいものを作る!

それが私たちの強みであり、農家としての誇りです




▼ 苦労の末、収穫を迎えた自然薯

20221228_1111421.jpg


▼ すり下ろすといい香りが漂う。 強い粘りも特徴

20211203_2258241.jpg

20191229_1803561.jpg


粘り強く 真っ白で まっすぐに

私たち たからべ自然薯同友会は これからも最高品質の自然薯を目指して栽培に取り組んでまいります!



鹿児島県曽於市
 【たからべ自然薯同友会】
 会 長  豊 田 貴 幸

山豐農園 ☎ 0986-36-7646



▼ タップして次のページもご覧ください

〖2ページ目 生産者&品目紹介〗






スポンサーサイト



【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2023-08-29 10:09 | カテゴリ:自然薯
私たち たからべ自然薯同友会 は共通の生産品目が じねんじょ である専業農家の集まりです

自然薯を育て始めて、長い会員で 20年近く毎年栽培を続けています
(令和5年現在)

20230816_141114_20230914094103edf.jpg

今でこそインターネットなどで自然薯の栽培情報を調べたりできるようになりましたが、当初はそういったデータも今より断然少なく、一部の公開されている情報と、数少ない書物を読み漁ったり、他の野菜の土づくりから試してみたり。

それぞれの会員が知恵と体を使いながら栽培技術を向上させてきました

20190731_1142582.jpg


最初の頃は失敗も多く、変形や虫食い、生理障害などの自然薯も経験してきました



  ▼ 栽培初期。 排水不良や肥料成分による変形。 虫食いも多かった。。。
生理障害




 ▼ 試行錯誤と、自分たちの農業技術の向上により品質も年々向上!
 20201224_0958552.jpg


もともと 鹿児島県 は山で良質の天然自然薯がよく採れ、その自然薯をふんだんに使用した 『かるかん』 が郷土菓子として古くから根付いている県です


その鹿児島の大地の力と、私たち農家の技術とプライドをかけて、天然物に負けず劣らずの自然薯づくりを目指しています!

20230710_122640.jpg



▼ 鹿児島県曽於市の中山間で、山に近い環境での栽培を行っている。

20230710_123113.jpg


農業県でもある鹿児島は温暖な気候で、技術を駆使すれば1年を通して野菜作りができます

私たちは農業を生業として、自然薯以外にも季節ごとに様々な野菜を生産しています



▼ トンネルビニールを使用したサトイモ栽培と、露地マルチ栽培

20220504_163736(0)_20230917161509b4d.jpg


20210221_142631_20230914120918093.jpg

▼ 寒い冬場に植えて、収穫は真夏の7~8月 (石川早生さといも)

20220722_134420_20230914121132da1.jpg

20230725_140527.jpg



▼ なす の露地栽培
 きれいに整列した畑から生産者の性格が伺える

1690901695727.jpg

1690901695104.jpg


▼ 収穫したニンニクの貯蔵
 ニンニクと自然薯のダブルパワーで本人はいつも元気いっぱい!

20230622_190822.jpg


▼ 露地トマトの栽培
たわわに実ったミニトマト。赤く、甘くなるのを楽しみに管理作業を行う

20230916_123128.jpg

20230916_123313.jpg



▼ きれいな水でじっくり育ったお米
 乾燥は今では珍しくなった天日干し

20181008_110712_2023091412413029e.jpg

20191008_110512_20230914124153e92.jpg


▼ 秋冬大根の産地鹿児島!
 青首大根と白大根。
比較的、育てるのが簡単な部類とされている大根だが、まっすぐ美しい大根を揃えて作るのはやはり技術と知識が必要。

20221107_090529_20230914125215e1c.jpg

20191119_094819_20230914125236cfb.jpg



そして、自然薯!

20170817_151749_2023091813224560d.jpg


独自の施肥基準で土づくりと準備を行う
DSCN2582_202309181329267ab.jpg

自然薯は長いもので1.5mほどに育ちます

栽培の場合は、波板や、専用のパイプ、シートを斜めに埋設することで、収穫をしやすく育てます


20190411_115929_2023091813335663b.jpg

この栽培シートの中でじっくり育つので、手抜きはできない!

1本1本丁寧に、素早く。。。



▼ 栽培シート埋設作業
 私たちが年間を通して行う農作業の中で、この作業が一番大変かもしれない

20190411_112015_202309181339049b3.jpg

20210425_114952_202309181340258eb.jpg

20180413_131047_2023091813412638a.jpg


▼ 埋設が終わったら畝立て作業。
 明日の作業段取りで、太陽が明るいうちは頑張ってます

20210529_182818_2023091813460506e.jpg

20190507_132437_20230918134650695.jpg


▼ 畝を立てたらいよいよ定植
 
農業をやったことある人ならわかると思いますが、通常の野菜類はビニールを張ってから植えるのに対して自然薯は栽培シートの関係上 定植してからマルチビニールを張るので、これがなかなか大変
 ビニール張りは全て手作業。

20210526_092138_20231005110219122.jpg

20190515_134723.jpg

20200523_111241_2023100511053543a.jpg


▼ マルチビニールが終わったら支柱建て

自然薯の支柱は通気性、葉の茂りかた、作業性を考慮して建てていきます
葉の茂り具合によって芋の大きさも変わってくるので重要な作業

きつかった栽培シート埋設を思うと、ここで手は抜けません!

20190601_154806_20231005111419560.jpg

20190601_162629_2023100511165423a.jpg



▼支柱まで建てたら ほっ と一息

無事に芽が出るか 毎年心配ですが、出芽するとグングン つる を伸ばしていきます

20200616_165637_202310051141094a3.jpg

20200608_095841_20231005112411ee4.jpg

20200629_171622_20231005114144139.jpg


▼ 夏から秋の自然薯畑
 台風でもみくちゃにされてしまう年もあるが、この時期の自然薯畑は葉っぱが青々と美しい!

20210911_102426.jpg

支柱の立て方も様々
会員それぞれが こだわりを持って一生懸命に管理しています

20230916_134733.jpg

20230916_135135.jpg

20230710_121229.jpg



▼ 秋の味覚 むかご

20190925_153502_20231005115211118.jpg

炒っておつまみにしたり、ムカゴごはんにしたり

むかご


▼ 10月末~11月初旬 
寒さとともに少しずつ葉っぱが黄葉してきます

20201102_114254_20231005115653c8d.jpg

畝の土が土割れしているのは、自然薯が太った証拠!
楽しみ楽しみ♪

20201107_091657_2023100511593173e.jpg


▼ 霜が降りて、本格的な冬がくると一気に葉っぱが枯れあがる

枯れあがり(11月 収穫時期)

ちぎろうとしてもちぎれなかった固いツルが、自然にプツンと切れていたら収穫の合図

畑は枯葉で寂しく見えるが、立派な自然薯が育っていると寒さも吹き飛ぶ

20191229_091524_20231005131511128.jpg


20211226_093521_20231005131428592.jpg


20201226_163104.jpg


20200329_110901_20231005131549f44.jpg


▼ 自然薯はとろろにして生で食べるのが一番美味しい

腸内環境を整え、びっくりするくらいの整腸作用があります!
始めて食べた方は翌日のお通じに驚く人も!?

20201107_164001_20231005132031786.jpg

スラっと長く、真っ白で、良い風味。そして強い粘りこそ自然薯の真骨頂!

20201107_164650_20231005132810344.jpg

ごはんにかけると、何杯でも食べれそう!

生とろろ の ままだと 風味と粘りのインパクトが強すぎて完全に 『主役』 になってしまいますが、熱を通すと料理の 『名わき役』 (隠し味) にもなります!


例えば、自然薯(とろろ) を入れた 出汁巻き卵

20220109_184213_20231005134143404.jpg

20220109_184441_2023100513421931f.jpg

これもまた絶品!

20220109_185205_202310051343107f3.jpg

写真見ているだけで、美味しそう。。。笑


まだまだ自然薯について語りたいことは山ほどありますが、あまり記事が長くなってしまいました

生産状況などはまた別の機会にブログでもアップしていきます


これからも私たち たからべ自然薯同友会 は、農業と食を通じて 安心安全な野菜・自然薯栽培を続けていきますのでどうぞよろしくお願いします!

自然薯同友会



鹿児島県曽於市
 【たからべ自然薯同友会】
 会 長  豊 田 貴 幸

山豐農園 ☎ 0986-36-7646



〖前のページへ戻る〗







【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2023-04-05 17:14 | カテゴリ:自然薯
今年の定植用 (種芋用) に残していた自然薯を畑から掘ってきました

20230404_090349.jpg

いいねぇ

20230404_100332.jpg

重さを基準に切り分けるので、太くて長い自然薯はたくさん種芋が取れます

20230404_112506.jpg

種芋は非常に腐りやすいので、晴れた日にしっかり天日干し

20230404_112516.jpg

5月中旬には定植できるように管理しています

栽培パイプ埋めもこれから!

発芽が早いか私がへこたれるのが早いか(笑)

怒涛の自然薯作業が始まります






↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング

【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2023-01-18 16:59 | カテゴリ:自然薯
自然薯収穫

20230116_112257.jpg

20230116_112641.jpg

今期は、適期の定植と管理がしっかりできていた畑は大きいものが多く 私もニコニコです(笑)

20230113_120637.jpg

20230116_140625.jpg


管理はしっかりしたけれど、栽培パイプ埋設が間に合わず 昨年6月初旬に定植したやつは やはり小さくて細い…

20230118_102243.jpg

20230117_091727.jpg

定植作業は早すぎても遅すぎても良くないですね~

特に遅れた場合は 後から多めに肥料をあげても大きな効果は無いようです。。。



遅れるよりは早いほうが良い。


自然薯の収穫作業を進めながら、今年の 石川早生サトイモ を植える畑を準備していきます!

20230109_110926.jpg

20230109_130411.jpg

20230109_162921.jpg

今年はここにサトイモのトンネル促成栽培を!

来週 めちゃめちゃ寒くなるようなので、それが過ぎたくらいに植えられるように。。。

遅れないように頑張ります




↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング




【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)
2022-05-06 09:05 | カテゴリ:自然薯
おニュー の レトロなマシーン

20220505_154647.jpg

自然薯の栽培パイプの畝間を耕すのに、耕運機を使っています

20220505_154952.jpg

20220505_155715.jpg


初代耕運機 (中古) が昨年ついに致命的な故障

20210613_140936.jpg

この手の中古機械も馬力の大きいものは少なくなりました

ある程度馬力の大きいほうが耕耘幅も広いしスピードも速いので、7~8馬力くらいの状態の良いものを探して購入


こういう古い機械は替えの部品がすでに製造されていないので、どこか故障するとアウト

同じ型の部品取り車でもない限り、ただの鉄の塊です


そもそも 今の時代に歩行型の耕運機を上手に扱える人が少ないです

お金を積めばもっといい機械があるのでしょうが。。。

今のところ耕運機は私の担当で事故に気をつけながら使っています



自家製の自然薯種 も 新しい根が生え、発芽間近

20220505_114007.jpg

20220505_114014.jpg

栽培パイプの埋設もまだまだあるのですが

20220501_095133.jpg

20220502_172619.jpg

パイプを準備しながら植え付けもやってくか。

天候にも悩まされる時期になってきました


梅雨入りはもう少し待ってほしい

20220502_090322.jpg



↓↓↓クリックして応援していただけると励みになります 頑張ります!(^^)





農家ランキング








【ジャンル】:ライフ 【テーマ】:
コメント(0) | トラックバック(0)